一般病院とAGA専門外来では処方される治療薬が異なる

抜け毛が増え、病院での薄毛治療を考え始めた若い男性

「最近抜け毛がきになりだした」

「そういえば親戚はハゲだらけ・・・」

「長い間育毛剤を使っているけど、抜け毛が増える一方・・・」

今度こそ髪が生えてくるかも?と希望を抱き、次から次えと育毛剤を試された方は沢山いると思います。

でも生えてこない・・・。

そろそろ薄毛の進行を止めないと、本当にまずいことになりそうだ・・・と病院での薄毛治療を検討し始めたあなたは要チェックです。

近所の皮膚科を受診する前に

そこで、いきなり近所の皮膚科を受診することは、おすすめできません。

なぜなら、 一般病院の皮膚科と頭髪専門のAGA外来では処方される治療薬が違うからです。

薄毛の進行具合にもよりますが、一般病院の治療薬では、あなたが満足できる発毛効果が得られない可能性も少なくないのです。

後悔しないためにも、処方される薬の特徴や働きなどをまずは把握しておきましょう。

一般病院はプロペシアの単剤処方

agaクリニックの治療薬

一般病院の皮膚科では代表的なAGA治療薬であるプロペシアのみが処方される場合が殆どです。

このプロペシアの有効成分であるフィナステリドは、脱毛ホルモンを作る酵素の働きを抑制し、脱毛ホルモンの増加を防ぐことで、AGAの進行を食い止める作用があります。

この作用により、成長する前に抜けてしまっていた細い軟毛が太く成長するため、抜け毛の減少や毛量の増加が実感できるようになるのです。

この様に科学的な根拠のあるプロペシア(フィナステリド)の発毛実感率は非常に高く、市販の育毛剤の効果に失望されてきた多くの方達の救世主的な存在になっています。

ただし、フィナステリドは産毛を太く育てることはできますが、毛髪が確認出来ない部位から発毛させるほどの威力はありません。

例えば、脱毛症がかなり進行し、生え際がかなり後退してしまった場合、毛のない生え際部分の発毛はかなり困難になるということです。

つまり、一般病院で処方されるプロペシアは男性型脱毛症の進行防止・遅延や予防効果による期待できるものの、発毛効果はいまひとつ力不足といえるのです。

この様なフィナステリドの薬効を考えると、フィナステリド治療に適した人は、現状維持を希望している人や症状があまり進んでいない初期の男性型脱毛症の人といえるでしょう。

フィナステリドがプロペシアとして発売されるまでの経緯

もともとフィナステリドはアメリカで1991年に前立腺肥大を治療するために米国メルク社が開発した薬(プロスカー)です。ノコギリヤシの成分研究によりできた薬のようです。

ところが、男性型脱毛症の患者が服用すると抜け毛が減り、発毛効果が確認されたことから、AGA治療薬としての研究が進み、1997年にFDA(米国食品医薬品局)に経口発毛剤として世界で初めて認可されました。認可から現在まで世界60カ国以上で承認されています。

そして、日本でも2005年にフィナステリド1mg錠と0.2mg錠を厚生労働省が認可し、輸入承認を得たMSD(旧万有製薬)が2005年12月にプロペシアという商品名で発売、処方を開始しました。

日本では発売開始1年程経て、爆笑問題が出演した万有製薬のCM(実はプロペシアのCMです)がきっかけとなり「お医者さんに相談すれば薄毛が改善するかも?」といった病院の薄毛治療やプロペシアに対する認知度が全国的に高まったようです。

発毛専門外来の治療のポイントはミノキシジル

ミノキシジルの併用処方により高い発毛実感率を実現

発毛に特化したAGAクリニックの治療にはミノキシジルが中心に使われる

一般病院のプロペシア単剤処方に対し、AGAクリニックとも呼ばれる頭髪治療専門病院では フィナステリドに加え、より高い発毛効果が期待できるミノキシジルも併用して処方し、 発毛に特化した治療が行っています。

ミノキシジルは血管を拡張して血流を改善する作用に加え、毛母細胞を活性化させて 発毛を促す高い薬です。

この発毛効果の高いミノキシジルを中心とした薄毛治療を行う点が発毛に特化したAGAクリニック大きな特徴といえるでしょう。

発毛専門クリニックでは、フィナステリドで脱毛症状を抑えつつ、ミノキシジルを利用することでより 積極的に発毛を促す治療を行っています。

さらに、人気のAGAクリニックでは、ミノキシジル配合のリアップやロゲイン等外用薬だけでなく、外用薬より発毛効果が高いといわれるミノキシジルタブレットやオリジナルのミノキシジル内服薬も取り揃え、非常に高い発毛実感率を実現させています。

膨大な臨床データに基づくオーダーメード治療

発毛専門病院のもう一つの大きなメリットは、数多くの治療実績に基づく治療データがあるということです。

数多くの症例数を誇るAGAクリニックの頭髪専門医は数多くの症状とその治療経過を診てきた経験から、あなたの脱毛症の進行具合や症状に応じた、適切なオーダーメードな治療を選択することができるのです。

ちなみに国内最多の臨床数を誇る頭髪治療のパイオニア・ヘアメディカルは135万人の治療実績があるそうです。

膨大な臨床データに基づく発毛専門病院の治療と治療実績も少なく、片手間に行われる一般病院の皮膚科での治療では、発毛効果にも大きな差が出ることは、当然なことなのかもしれません。

さらに、薬の効き目や有効な治療法を探るうえで有用なAGA遺伝子検査(希望により)を行える点も一般病院と異なるメリットです。

経験豊富な頭髪専門医が患者の症状や薬の効き目、健康状態を見ながら、ミノキシジルの処方レベルを調整していく、この治療法が人気のAGAクリニックの高い発毛効果と患者満足度につながっているのでしょう。

当サイトでは、ミノキシジルやフィナステリドをはじめ発毛専門病院で処方されるAGA治療薬について詳しくご紹介しますので、参考にしてください。

このページの先頭へ